文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

電話番号:043-237-5676 受付時間:月〜金 9:00〜17:30(土日祝日を除く)

栄養成分

表示用栄養成分、栄養成分の妥当性、賞味期限の評価にお役立て下さい

食品カテゴリーに適した分析法を採択し、栄養成分を分析します。パッケージやホームページに掲載される栄養成分表示に利用できます。また、製品に表示された栄養成分が、生産工場やLotなどの変化要因に対して、適正かどうかの確認もできます。
栄養成分を経時的に調べる保存試験も受託しております。

サービス分析項目

パッケージ用栄養成分
エネルギー、ナトリウム、脂質、炭水化物、たんぱく質、食物繊維、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロール、糖類
すべての食品カテゴリーを対象にしています。
  • ※検体必要量は、100〜200gが目安です。
  • ※パッケージ表示用ついては、表示項目の相談についても承っております。
  • ※ビタミン類は分解しやすいので、未開封品をご送付下さい。
  • ※日本食品標準成分表項目については、項目別に実施しております。
ビタミン類
A、B1、B2、C、D、B6、B12、E
ナイアシン、葉酸、パントテン酸、K
ミネラル類
カルシウム、カリウム、リン、マグネシウム
亜鉛、銅
アミノ酸・核酸系調味料
日本食品標準成分表項目
保存試験 実際に商品が販売される状態を再現して、成分等がどの様に変化をするか調べます。官能評価との組み合わせも可能です。賞味期限の設定にも利用出来ます。

依頼書のダウンロードはこちら

page top