食物アレルゲン検査

アレルギー物質は、食品回収の主要原因です。製造工程を共有している場合には、充分な製造工程の洗浄を行なっていても、本来製品に使用していない特定原材料が製品に混入することもあります。製品に表示されていない特定原材料が検出されると、製品の回収につながる可能性もありますので、一度検査をお勧め致します。

食物アレルゲン検査(特定原材料7品目:卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)

特定原材料7品目
(スクリーニング検査)
試験内容・方法
  • 平成22年9月10日消食表第286号消費者庁次長通知に従った検査です。
    各検査項目につき2種類の検査キットし使用しています。
    食品製造ラインのコンタミ評価などの場合1項目1キットでの検査も承っています。
料金(税別) 30,000円/1品目につき
(2キット使用)
17,500円/1品目につき
(1キット使用)
特定原材料7品目
(確認検査)
試験内容・方法 特定原材料のスクリーニング試験で陽性となった検体について、確認試験を行います。
小麦・そば・落花生・えび・かにの5品目をPCR法で検査を実施致します。
  • 平成22年9月10日消食表第286号消費者庁次長通知に従った検査です。
料金(税別) 35,000円
(小麦・そば・落花生・えび・かに)

食物アレルゲン検査
(特定原材料に準ずるもの:あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン)

特定原材料に準ずるもの
試験内容・方法 アレルギー物質として発生数、重篤度から勘案し、食品に表示が推奨されている「特定原材料に準ずるもの」として、以下の20品目が指定されています
(『アレルギー物質を含む食品に関する表示について (平成25年9月20日付け消食表第257号) 』) 。
あわび、いか、いくら※、オレンジ※、カシューナッツ※、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ※、もも、やまいも、りんご、ゼラチン※
※の5品目は実施しておりません。
料金(税別) 45,000円
(ごま、大豆以外:PCR法)
30,000円
(ごま、大豆:ELISA法)

お電話でのご依頼・お問い合わせ

043-237-5676

受付時間:
平日9:00~17:00(土日祝日を除く)

WEBからのご依頼・お問い合わせ

お申し込みはこちらから

お問い合わせはこちら

PAGE
TOP