文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

電話番号:043-237-5676 受付時間:月〜金 9:00〜17:30(土日祝日を除く)

微生物

微生物の問題を解決します

食品企業にとって微生物の問題は永遠のテーマです。膨張原因菌、異臭原因菌の特定から、工程のふき取り検査による微生物源の特定、工程改善後の微生物確認など、テクノサービスは、お客様の微生物の問題を解決します。

分析項目

一般生菌
  • 公的に認められた方法、一般的な方法を実施していますが、ご指定の方法がありましたらご相談下さい。
  • 検体は100g程度ご準備下さい。
(分析項目と項目数によって異なります。ご相談下さい。)
  • 細菌的な汚染を防ぐため、正袋のまま送付下さい。
(製品の開封、小分けにより環境から他の菌により汚染されます。)
  • 既に菌の増殖の恐れのある検体は冷蔵便で送付下さい。
(冷凍は避けてください。菌が死滅する可能性があります。)
  • ※これらの項目以外に、お客様の目的にそった微生物分析を設定することも可能です。お気軽にお問合せ下さい。
大腸菌群
真菌
大腸菌
サルモネラ菌
黄色ブドウ球菌
腸炎ビブリオ
ウェルシュ菌
セレウス菌
ボツリヌス菌
乳酸菌
微生物同定 形態観察と生化学的性状試験を組み合わせることで精度高く同定します。
工程ふき取り検査 先ず、工程の診断をさせて頂き、ふき取り検査が工程改善に有効であるかを判断させて頂きます。その後、ふき取り箇所を選定し、日程調整させて頂き検査を実施します。
微生物数の結果を提示するだけでなく、発生源の特定に役立つ情報を提供致します。
ヒスタミン測定 モルガネラやフォトバクテリウムなどの細菌の作用により生成されたアレルギー様食中毒となるヒスタミンを分析します。
エンテロトキシン測定 食品中で黄色ブドウ球菌が増殖し、それに伴い産生された毒素(生体外毒素)を分析します。

依頼書のダウンロードはこちら

page top