お知らせ

製造工程アレルゲン安心サービスはじめました。

2020年03月16日

お客様各位

「HACCPに基づいた衛生管理」では、「検証方法の設定」「文書化及び記録の保持」が含まれています。また、FSSC22000(カテゴリー:C,I,K),JFS-B(セクター:E/L),JFS-C(セクター:E)などの認証規格では、アレルゲン管理計画の策定と実施が要求されています。

最終製品でのスクリーニング検査(ELISA法)に加えて、製造工程のモニタリング検査(イムノクロマト法)を併用することで、アレルゲン管理の効果が更に高まります。

以下のアレルゲン管理サイクル①②③④を回すことにより、アレルゲンポイント(汚染源)を減少・消失させることが可能です。
①アレルゲンマップによる「見える化」
②「見える化」による問題提起
③汚染原因の推測と改善
④改善効果を拭き取り検査で検証

製造工程の拭き取り検査によるアレルゲンマップ(施設内のどこにアレルゲンがあるかを図面上にプロットしたもの)は見えないパーテーションとなり、製造従事者が自発的に交差汚染を防ぐ行動をとるようになる等の効果が見込めます。

また、二者監査や取引先様に対して、第3者機関による検査結果として貴社の衛生管理をお示しすることも可能です。

◆サービス内容◆
お客様工場の製造ラインから、アレルゲン管理ポイントをご自身で拭き取りいただき、弊社にてイムノクロマト法による食物アレルゲン検査を実施いたします。

◆ご依頼方法◆
①対象アレルゲン品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、甲殻類、大豆)をお選び下さい。
②弊社より、拭き取り検査キットと拭き取りマニュアルを送付致します。
③貴社製造ラインのアレルゲン管理ポイントを拭き取り頂き、弊社まで冷蔵にてご送付ください。
※複数品目の場合、品目毎に費用が発生します。

◆価格◆(税別)
拭き取り10箇所    30,000円
拭き取り20箇所    50,000円
アレルゲンマップ作成 10,000円

◆納期◆
拭き取り検査キット受領後、5営業日程度

◆その他◆
ご要望により、拭き取り出張サービスも承ります(費用別)。

是非、この機会にご用命・ご相談ください。

PAGE
TOP